Logger Script

 長年の経験と最上の実力のコラボレーション 

石灰化/脂肪嚢腫
副作用治療



ボリューム感は維持しして
石灰化は解消する
フレッシュ石灰化治療

 脂肪移植の後、硬くて豆粒みたいなものが触れる場合、
 普通、病院に行けば石灰化だと言われます。 

顔脂肪移植、胸の脂肪移植をした後に移植部位に複数の豆粒みたいなものが触れたり、
時には、これより少し大きいものがあると感じる場合もあります。
しかし、経験上これは単純な石灰化ではなく脂肪が過度に注入されたり、
生着できず溶けてしまった脂肪細胞によって生じた脂肪嚢腫の場合がほとんどでした。



医学的に石灰化という表現を使う場合、
簡単にレントゲン上で白く見える病変を言う場合が多いです。
病変がCalcificationを見せていると言い、硬くなったものです。

脂肪の過注入によって生着せず、固まってしまった場合

脂肪が固まる理由は主に一度に多くの脂肪を移植したり、移植された脂肪の粒子が大きすぎるためであり、
誤ったアフター管理によって発生する事例でもあるため、移植の後にも患者自身の注意が必要です。

脂肪過注入による嚢腫と治療の後

時間が経つにつれ自然になくなる場合もたまにありますが、自然治癒に至らない場合、
ひどい痛みとコンプレックスが同伴されることがあります。

超音波を活用した石灰化治療

硬い石灰化現象を治療できる病院も多くないですが、ほとんどの治療もまた、専門的ではありません。

超音波を通した精密な治療と、石灰化を除去した部位で再びオイル嚢胞が発生することがあるので、
確実な治療が必要です。


FRESH石灰化治療

驚くほど幼く見える脂肪移植の効果の後ろに隠れている
脂肪嚢腫の原因

脂肪移植に向けて採取した脂肪は

脂肪層や筋肉層や移植される部位に非常に均一で薄く一
定量の細胞が移植になってこその生着率が高いです。

しかし、脂肪細胞が過注入されて組織に均等に行きわたらず、滞りながら入る場合が多いです。
執刀医の未熟な技術と組織の状態をちゃんと把握せず、
過度な注入が行われたケースが大半であり、また、
この全てがそろったとしても仕方なしに生じる場合も度々あります。

フレッシュの脂肪移植注入方法
多層・多投与の方法で組織が小さく、
脂肪層と筋肉層に均等に注入にされます。

特定部位に過注入されたケース
注入した組織が固まって、
過度な注入による副作用を招きます。

過注入された後
組織の外から我々の体の中に自生する
細胞に囲まれてますます堅くなります。




脂肪移植手術は


組織の中で血管新生が円滑に行われてこそ、
脂肪細胞の生存率が高くなります。
しかし過注入した場合、血管新生を妨害し、
移植した脂肪に血管が届かず壊死する場合が多いです。


FRESH石灰化治療

それなら、脂肪移植後に生じたオイル囊腫は危険ですか?

普通一つか二つ触って確認できたら不安になってしまう場合が多いです。
実際に超音波診断を通してサイズ測定をしてみたら、顔の場合0.5~1mm程度の小さいサイズであり、
胸脂肪移植の場合0.5~3cmまで多様です。

小さいサイズは自然吸収されたり問題を起こしませんが、
サイズが大きかったり複数の嚢胞が発生した場合、
除去することを推奨します。

このような場合、一般的に病院に行って炎症注射を打ってもらうことになります。
  オイル嚢腫によって周りの炎症が死んだ脂肪組織を包み込みながら嚢胞化され硬くなるものですが、  
幸いにも治まる場合もあり、元の原因を除去しなくて持続して繰り返される場合もあります。